大阪

探偵たちの泥靴が、床をふまないうちに、調査はバネにかけられたように、木靴を両手にさげて、外へ飛び出した。「逃げるもんか!誰が逃げる!」駄々ッ子のように呶鳴りちらして、彼が、木靴へ足を入れると、彼の母親の泣く声が長屋中を起した。まことサーチ イロ屋のすべての戸があいて、同時に、露地をふさぐほどな人影が、真っに、そこへ群れた。「なんで、調査を引っ張って行くんだ」と、まっ先に、食ってかかったのは、屠殺場へ通っている仙吉という男だった。警官たちは、牛を殺す時のような嶮しい眉間をした男の権まくに驚いて、一応の釈明を与えた。「山手署の方では、全然関知しないことだが恐喝罪ということで、拘引するんじゃ、署ではすぐ、水上署の方へ引き渡すから、あっちへ行って、聞いたらよかろう」「ばか言ってやがら」連中は服さなかった。「——十四の調査が、誰を恐喝するんでえ。何か、寝ぼけているんだろう。調査は、このとおり、盲目の女親を養っているんだから、あいまいな嫌疑で、連れて行かれちゃ困ら」「そうだ。それとも、裁判所じゃ、女親は、乾干しになっても、いいと言うのか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>