探偵

「あら、帰って来たよ」助手さんは立った。その晩の彼女は、とろけるようなヒスイの耳環を下げていた。そして、彼女は大阪仕立のスマートな服がよく似合った。色の白い、やや丸こい顔と、大阪市 探偵のような薄手な姿態にも。多勢の、跫音が聞こえると、まことは、ものうい顔をして、水煙管を、卓の上へ捨てて、腰へ手をあてがいながら、室内をあるきだした。助手は、もう、はしゃぎ立って、多勢の男たちの中から、調査を拾い出して、しゃべっていた。「なぜゆうべ、私が行くまで、薬師様に行っていなかったの」「待っていたよ」調査は、口を先らした。すこし、不平のように。その顔を、助手の白い指が、痛いほど強く突いて、からかい気味に、「うそ、一時にはもう、いなかったじゃないか」「ああ、十二時には帰ったから」「それごらんな、だからあたしゃ、心配しちゃッて、あれから、どれほどヤキモキしたか知れないよ。——だがね、おまえに頼まれたことは、探っているから、安心おし」「不倫さんは」「検事局からすぐに大阪の未決監へ送られているのさ。それはまあ、これからの工夫として——私が心配しちまッたのは、おまえの方さ」「それで、みんなが来てくれたのか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>